名古屋でAGAの治療ができる病院/クリニック/外来まとめ[安いプロペシア]

AGAとは

AGAとは日本語で男性型脱毛症といいます。

 

思春期以降に発症する進行性の脱毛症で、日本人では30%の人が発祥するといわれています。

 

遺伝が原因なので今のところ健康に気を使ったりしても意味がないようです。

 

早期治療がとても大切で、進行してしまった人でも治療をすれば回復はするが昔のような髪まではなかなか難しい。

 

 

AGAの原因は男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン(DHT)」。

 

「ジヒドロテストステロン(DHT)」は「テストステロン」が主に頭皮と前立腺ある「5αリダクターゼ」とういう酵素と結びつくことでつくられます。

 

「ジヒドロテストステロン(DHT)」がヘアサイクルを狂わせることで抜け毛が促進されます。

 

 

ヘアサイクルは「成長期」「退行期」「休止期」を繰りかえします。

 

「成長期」が通常2〜6年間程度続きますが、AGAを発症した人は数ヶ月〜1年間しか続きません。

 

結果髪の毛は太くなることもなく細い毛のまま成長を終えてしまいますのでどんどん毛の量と質が低下していきます。

 

 

脱毛箇所は前頭部から頭頂部にかけて脱毛が起こりますが、前頭部だけの人もいれば頭頂部だけの人もいます。後頭部や側頭部にはAGAの影響がありません。

 

加齢・ストレス・食事・生活習慣なども関わっているとされていますので薄毛=AGAではありません。

 

また円形脱毛症はAGAとは全く別モノで治療方法も違います。

トップへ戻る