MENU
良いAGAクリニックの選び方がわからない方は、TOPページを参考にしてください。
またあとでじっくり比較・検討したい人は「ブックマーク」お願いします。

AGA治療

AGAの治療には大きく分けて2種類あり、「AGAの抜け毛治療」「育毛治療」です。

 

どうしても外せないのが「AGA抜け毛治療」です。
薄毛を気にしだすと育毛剤を使うが効果がないって人が多いですが、「AGAの抜け毛治療」をしていない為に効果が見られないことが多いです。
効果に大小ありますがどんな育毛剤でも血行促進効果成分があるので全く効果がないということはほぼありません。
「AGAの抜け毛治療」をしていないと「ザルで水を汲む」ようなものなのでもったいないです。

 

AGAの抜け毛治療

「AGAの抜け毛治療」ですが、マイナス効果を止めてくれるので人によってはすごい育毛効果を感じる人もいますが、育毛成分は入っていません。
残念ながら髪の毛が増えたからといって止めてしまうと元に戻ってしまいます。
基本的にクリニックで処方されるものなのでドラッグストアなどでは売っていません。

内服薬
フィナステリド

一番有名なのが「プロペシア」という薬でです。
この薬の登場でどれだけの薄毛が救われたかわかりません。
「フィナステリド」という成分がAGAに効果があります。
副作用は性欲減退で4%の人にあるようです。
最近ではいくつかの会社がジェネリック薬をだしていて、同じ効果で安いです。

デュタステリド

「サガーロ(アボルブ)」という薬で「デュタステリド」という成分がAGAに効果があります。
脱毛に関係のある5α-還元酵素にはT型(前頭部に多い)とU型(頭頂部に多い)がありフィナステリドはU型しか抑えることができませんが、デュタステリドはT型とU型の両方の働きを抑えることができます。
フィナステリドと比べデュタステリドは全体的に効果が高めで、尚且つ前頭部に特に効果があるといえます。
副作用は効果が強い分プロペシアと比べ11%と高いようです。

オリジナル内服薬

AGA専門クリニックや力をいれているクリニックでは「オリジナル内服薬」がある場合があります。
クリニックによって内容は違いますが、傾向として「フィナステリド」「ミノキシジル」「育毛サプリ(亜鉛など)」からできています。
値段は高いですが、1つ1つ購入するよりも割安になっている場合が多いです。

外用薬

内服薬には効果は及びませんが、薬を飲みたくない人にはお勧めです。

パントスチン

「アルファトラジオール」とい成分がテストステロンをAGAの原因であるジヒドロテストステロンに変化するのを防ぎます。
女性にも使えますが、DHT抑制作用の効果がマイルドです。

ケトコナゾール

頭皮の脂漏性皮膚炎治療でシャンプーとして使われていますが、AGAにも効果があることがわかりました。
こちらはAGAに関係のある「テストステロン」を作るのをブロックしてくれて、「フィナステリド」や「デュタステリド」とは違ったアプローチとなっています。
男女ともつかえるので安心して使えます。

育毛治療

クリニックでしか扱えないものやドラッグストアでも購入できるものがあります。
値段も効果もいろいろで沢山種類があるのでリサーチが必要になりますが、結局は使ってみるのが一番です。

内服薬・サプリ
ミノキシジル錠

薄毛の治療に力をいれているクリニックで扱われていて、育毛治療ではメインになっています。
血行促進作用で育毛します。
副作用として頭皮だけに効果があるわけではないので、他の体毛も濃くなってしまいます。
また使い始めは「初期脱毛」といわれている脱毛症状がでる人がいますが、一時的なもので長くても1ヶ月ほどで止まるようです。
AGA専門クリニックなどではオリジナル薬の中に含まれていることが多いです。

サプリメント

基本的には毎日の食事から栄養をとるのが一番いいですが、どうしてもという方にはお勧めします。
代表的なのが「亜鉛」で、普通の食生活をしている人でも不足しがちの成分です。
サプリメントだけで薄毛解消は正直難しいので、他の治療を併用したほうがいいです。
薄毛専門クリニックや通販などでいろいろな成分が入ったサプリが購入できます。
単品ならドラッグストアでも売っています。

外用薬
育毛剤

育毛治療で一番使っている人が多いのが育毛剤です。
クリニックで処方してもらうものから通販・ドラッグストアなどで買える物数多くあり購入に迷ってしまう人が多いです。
育毛剤の大きな役割として「血行促進」「栄養付加」「頭皮ケア」で、この3つの成分が入っていれば効果の違いはあるにせよ育毛効果が全くないということはありません。
もし効果が感じられない人は髪の毛が抜ける(衰えさせる)力が大きいので「抜け毛を止める治療」を優先的にしたほうがいいです。

 

育毛剤で代表的なのが「ミノキシジル」を配合した育毛剤で、AGA専門クリニックではまず使われています。
効果は「血行促進」です。
「ミノキシジル」はドラッグストアなどで売られている「リアップ」にも含まれています。
「ミノキシジル」の育毛剤は濃度があり高いほうがより効果がありますが、副作用として痒みなどが高濃度のほうが症状が出やすいです。

育毛シャンプー

シャンプーは結局流してしまうので高いのを使うのはもったいないので、育毛剤に頼りましょう。
シャンプーの役割は「頭皮の洗浄」なのであまり強い洗浄力のシャンプーを使うと必要な脂分まで流してしまい、頭皮の環境悪化につながってしまいます。
現代人は頭皮を洗いすぎの傾向があるので、頭皮環境を崩さないシャンプーを使いましょう。
また爪を立てたりゴシゴシ洗ったりするのは厳禁で抜けなくていい毛まで抜けてしまうので注意が必要です。

育毛メソセラピー・HARG療法

クリニックのみの治療法になります。
育毛剤の強力版みたいなもので通常は1ヶ月に1回で6ヶ月〜12ヶ月位続るのが一番効果がありコスパがいいようです。
頭皮の奥に注入できるので効きがいいですが、お値段が高いのがネックです。
ニードルタイプとノーニードルタイプがありますが、両方やっているクリニックがありますがノーニードル方が値段が少し高いです。
育毛メソセラピーは各クリニックごとに成分と値段が違いますが、HARG療法は全国どこのクリニックにいっても成分と値段が一緒です。

 

その他
自毛植毛

限られた少ないクリニックでしか受けられない治療です。
治療費がとても高いです。
側頭部や後頭部のAGAの影響を受けていない毛を植毛しますが、、当然ながら植毛する毛の本数にも限界があるのであまりにも薄毛が進行してしまった人には使えません。

マッサージ

無料でどこでもできるのでお勧めです。
指の腹や手の平などで頭皮を動かすようにマッサージしてください。
また頭皮のみではなく肩など血流も関わってきます。

 

LEDの低出力レーザー

LEDの低出力レーザーを当てることで育毛をします。
初期費用は数万円かかってしまいますが、ずっと使えるものなので長く使う根気のある方にはコスパがいい商品です。
使用した感じは何も感じません。すこし暖かく感じるときもあります。

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

AGAとは
2018年版に更新しました。名古屋でAGAの治療ができる病院/クリニックまとめ。HPでプロペシアの価格がのっている病院をチョイスしました。プロペシアとは、男性型脱毛症(AGA)に今のところ1番効果のある飲み薬で、ハゲや薄毛・抜け毛に9割以上の人に何らかの効果があるというデータがあります。抜け毛を抑えられれば、自然に育毛・発毛が期待できます。恥ずかしがらずに病院/クリニック/外来で早期に治療をするとハゲ・薄毛の治りが早いです。